岡崎市社会福祉協議会の概要
 社会福祉協議会は、社会福祉法により各市区町村に1箇所ずつ設置されている全国規模の団体になります。東京都にある「全国社会福祉協議会」を筆頭に各都道府県に「県(都・道・府)社会福祉協議会」そして各市町村に「市区町村社会福祉協議会」が設置されています。
 岡崎市社会福祉協議会は、昭和23年に創設された「岡崎市公共福祉協会」を前身に、昭和26年県下で初めて市社会福祉協議会として設置されました。

岡崎市社会福祉協議会の事業所別業務内容
 岡崎市社会福祉協議会は、4課(総務課、生活支援課、介護課、地域支援課)、1支所(額田支所)で組織されており、それぞれの専門分野で事業展開を行っています。

組織図
 会長             事務局長      -       総務課   岡崎市社会福祉センター
 (庶務係・事業係)
   庶務全般・経理等法人運営に必要な事務
   学区福祉委員会事業
   ボランティア育成
   災害時ボランティア活動体制整備
   子ども食堂支援業務
   社会福祉センター
指定管理業務
 生活支援課 岡崎市社会福祉センター
 (障がい係)
   障がい者相談支援事業
   成年後見支援センター
   日常生活自立支援事業
福祉の村 友愛の家(2階)
 (障がい者支援係)
   障がい者基幹相談支援センター
 介護課 岡崎市社会福祉センター
   居宅介護事業所(訪問介護)
   育児支援事業、産前産後養育支援事業
 額田支所   豊富学区市民ホーム(1階)
   旧額田町内での福祉活動全般
   訪問介護、居宅介護支援(ケアプラン作成)
   相談支援、介護者支援事業 等
河仲公民館
   ふれあいデイサービスセンター(指定管理)
こもれびかん(2階)
   福祉総合相談窓口(CSW事業)
 地域支援課 サービスセンター(旧保健センター)、福祉会館
   地域包括支援センター
    (基幹型・地域型「愛宕学区」)
   若者サポートセンター
   家計改善支援事業
   CSW(伴走型・参加型)事業
   生活福祉資金貸付事業
社会福祉協議会で行う主な事業
 岡崎市社会福祉協議会では、次のような事業を重点的に行っています。
  ⑴ 社会福祉を目的とする事業の企画及び実施
  ⑵ 社会福祉に関する活動への住民の参加のための援助
  ⑶ 社会福祉を目的とする事業に関する調査、普及、宣伝、連絡、調整及び助成
  ⑷ ⑴から⑶のほか、社会福祉を目的とする事業の健全な発達を図るために必要な事業
  ⑸ 保健医療、教育その他の社会福祉と関連する事業との連絡
  ⑹ 共同募金事業への協力
  ⑺ 福祉サービス利用援助事業
  ⑻ 居宅介護等事業の経営
  ⑼ 障がい福祉サービス事業の経営
  ⑽ 相談支援事業並びに基幹相談支援事業の経営
  ⑾ 移動支援事業の経営
  ⑿ 生活福祉資金貸付事業
  ⒀ 福祉相談事業
  ⒁ 自立相談支援事業
  ⒂ 生活支援体制整備事業
  ⒃ 成年後見支援センター事業
  ⒄ 手話通訳事業の経営
  ⒅ 岡崎市ふれあいデイサービスセンター事業の経営
  ⒆ 岡崎市社会福祉センターの経営
  ⒇ 学区福祉委員会支援事業
  ㉑ その他この法人の目的達成のため必要な事業
  公益事業
  ⑴ 居宅介護支援事業
  ⑵ 地域包括支援センター事業
  ⑶ 法人後見事業
  収益事業
  ⑴ 豊富地区不動産貸付事業

 
                         (岡崎市社会福祉協議会定款より抜粋)