岡崎市社会福祉協議会

地域包括支援センター

(連尺・愛宕学区担当)


 地域包括支援センターは、高齢者のみなさまが、いつまでも健康で住み慣れた地域で、安心して暮らしていけるように、介護・福祉・保健・医療など、さまざまな面から支援をしていきます。

 一人暮しが不安で、安心して暮らせる良い方法はないか?認知症の家族がいるが、どうしたらよいかわからない。どのような介護サービスがあるか?など、お困りごとがありましたら、お気軽にご相談ください。
 

地域包括支援センターの取り組んでいる主な事業
  生活・介護の相談
 介護サービスの利用や、高齢者の生活に関すること、認知症に関することなど、地域で暮らしていく上で、いろいろな悩みや困りごとがあるかと思います。地域包括支援センターでは、高齢者ご本人やその家族、親族、近所のかたからのご相談を承ります。お気軽にご相談ください。
  ○ 介護サービスを受けるにはどうしたらいいか?施設について、いろいろ教えて欲しい
  ○ 将来、認知症になってしまった場合の金銭管理に不安がある
  ○ 近所の高齢者が何かと困っているようだ   など
 
    
   高齢者の権利を守る
 悪質な訪問販売や、住宅リフォーム、振り込め詐欺(母さん助けて詐欺・ニセ電話詐欺・親心利用詐欺)など高齢者が被害に遭うことが多々あります。被害にあった時や、不安なときは、消費生活センターや行政などが連携し対応します。地域包括支援センターでは、情報の提供や相談に応じます。
  ○ 成年後見制度や日常生活自立支援事業などの制度利用の促進  など

 高齢者虐待は、家族間のトラブルや介護負担の増大などから起きることが多いため、介護を負担に感じているかたの、早期発見・相談が重要となります。地域の中で心配な高齢者や介護者を発見した場合は、地域包括支援センターへご相談ください。適切な介護サービスなど介護負担の軽減を支援し、介護者の相談にも応じます
 なお、通報者の情報は守られます。
  ○ 虐待の例:身体的虐待、介護や世話の放棄、心理的虐待、性的虐待
           経済的虐待  など
    
  住み慣れた地域で暮らし続けるために
 介護が必要な状態になっても、元気なころと同じように、高齢者が安心して地域で暮らし続けることができるよう、地域包括支援センターは、さまざまな支援を行っています。
  ○ 医療機関や行政機関、介護サービス事業者との連携
  ○ ケアマネジャーへの情報提供と相談支援
   
   介護予防のために
 自立した生活を続けていくためには、生きがいを持ち、普段の生活の中で介護予防に取り組むことが大切です。
  ○ 介護教室の企画・開催 など
  ○ 要支援認定を受けた方の相談 など
   
   基幹的な役割
 市内の地域包括支援センターの求めに応じ、助言等を行い業務の支援をしています。


 相 談 窓 口
   

  <岡崎市社会福祉協議会地域包括支援センター>
   住所:岡崎市康生通南3丁目56番地
      岡崎市社会福祉協議会サービスセンター内(旧岡崎市保健センター)

   月曜〜土曜 午前8時30分〜午後5時15分
 (国民の祝日及び12月29日から1月2日、3日は除く)
 *お電話での相談もお受けします
 電 話:0564−23−1105
 FAX:0564−23−7820
 
    ※相談は無料です。お気軽にご相談ください  
 トップページへ