ホームページのタイトル画像

Sorry,all the infomations on my Webpage is provided in Japanese only.
Please be aware that an environment with Japanese character codes is necessary to display the texts.
  

つぐのホームページへお立ち寄りいただきありがとうございます。
他愛も無いコンテンツですが、ご覧になってください。

本ホームページはNetScape4.7-7.1及びFireFox1.0-34.0での動作を確認しております。
IEやEDGEでも恐らく大丈夫ですが、不都合がありましたらご連絡ください。
できる限り対処いたします。


てる君が11歳の誕生日を迎えました。てる君のペースで着実に成長してくれています。
Pちゃん、いつもありがとう。



ホームページの容量を確保し、久々に更新しました。
ゆっち&てる君&みおちゃん&ちかちゃんのページを12月2日に更新しました。

また、覗きに来てやってください。

2016年春

次男てるくんが主人公の絵本が出版されました。
「てるくんはてるくん」 さく・え しのやすこ




あさひこ幼稚園で3年間お世話になった、篠先生が障がいを持つ我が子と向き合い共に育った同級生たちを温かく描い下さいました。

てる君は、自閉症です。
当時は、発語はほとんどなく、目線を合わすこともほとんどなかったはずです。えらいところでおしっこしたり、パニックになったり、ネタには事欠きません。
加配の篠先生や園には大変なお手数をお掛けしたと思います。
年少、年中を通じて同級生たちと触れ合う機会も徐々に増え、年長も中盤になった時には、その個性を皆が理解し、受け入れてくれていました。
苦手な事はあるけれど、てるくんはてるくん、クラスの仲間として排除することなく、共に歩んだ時間は、みんなやてる君の心の中に生き続けるんでしょう。
全ての人が、このような経験をして、そんな風な生き方をできれば、世界中の争い事はなくなるんじゃないでしょうか。
大人には色々難しいですけどね。

2016年4月に、改正障がい者雇用促進法が施行され、各事業所での「必要かつ合理的な配慮」求められています。
「合理的配慮」って何?と会社の皆さんが首をひねっていますが、
ふじ組の同級生たちや、さき先生や篠先生、あさひこ幼稚園の皆さんから頂いた対応は十分参考になると思います。
単なるヒューマニズム・同情に基づく補助とは違う、尊敬に基づいた関係を築くこと。

そんな事を考えるきっかけにすべく、この本が日本中に広まりますように。パパもママも、いつかそんな世界がやって来るように
まずは、地域(愛知県岡崎市細川町)から、自分の持ち場で発信していこうと思います。

世界中の人が、自分と違うなにか(個性・主義・主張・信仰・病気障がい・財etc・)を持つ他人に対し
理解して、尊敬しあえれば、世界はもっと素敵になると思います。

絵本のお問い合わせは、あさひこ幼稚園まで。← 無事売り切れだそうです。ありがとうございました。再販検討、頑張ります。

最新更新日(2017/12/2)


メール画像