法人会とは

正しい税知識を身につけたい。もっと積極的な経営をめざしたい。 社会のお役に立ちたい。
そんな経営者の皆さんを支援する全国組織です。

現在、約80万社の会員企業、41都道県に441の会を擁する団体 として大きく発展しています。あなたに近く、社会と広く。どこまでも人を中心に、さまざまな 活動を展開いたします。

税のオピニオンリーダーとしての貢献はもとより、会員の研鑽を 支援する各種の研修会、また地域振興やボランティアなど地域に 密着した活動を積極的に行っています。

健全な納税者の団体、よき経営者をめざすものの団体。それが法人会です。

法人会の概要

沿革

戦後の混乱が続くなか、昭和22年に従来の賦課徴収制度から我が国が全く経験したことのない申告納税制度が導入され、税務行政に大きな変革をもたらしました。法人会はこのような時代背景を受けて、納税の重要性に対する認識のもとに進んで税法を研究し、正しい納税に協力するため、納税者自らが結成した世界に例を見ない団体として全国各地に誕生したのであります。

当地方においても、昭和25年12月に岡崎法人会が発足し、昭和61年5月20日に社団法人岡崎法人会となり、平成25年4月1日に一般社団法人岡崎法人会に移行、平成28年4月1日に公益社団法人岡崎法人会に移行しました。

法人会の目的及び事業

公益社団法人岡崎法人会の定款は「目的」及び「事業」を次のように定めています。

(目的)
第3条 本会は、税知識の普及、納税意識の高揚に努め、税制・税務に関する提言を行い、もって適正・公平な申告納税制度の維持・発展と税務行政の円滑な執行に寄与すると共に、地域企業と地域社会の健全な発展に貢献することを目的とする。

(事業)
第4条 本会は、前条の目的を達成するため、次の公益目的事業を行う。

  1. 税知識の普及を目的とする研修会等を開催する事業
  2. 納税意識の高揚を目的とする租税教育等に関する事業
  3. 税制及び税務に関する調査並びに提言に関する事業
  4. 地域企業の健全な発展に資することを目的とする講演会等を開催する事業
  5. 地域社会の健全な発展を図るための健康、文化芸術、防犯防災等に関する講演会等の開催及び文化芸術の鑑賞等の機会の提供を行う事業
  6. その他本会の目的を達成するために必要な事業

2 本会は、公益目的事業以外の事業として次の事業を行う。

  1. 会員の福利厚生等に資する事業
  2. 会員の交流に資するための事業
  3. その他本会の目的を達成するために必要な事業

3 前2項の事業は、愛知県内において、岡崎税務署管内を中心として行うものとする。